読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史に残る偉大な大聖堂を造らなくても良い。

イソップ寓話のレンガ職人の話、ご存知でしょうか?

 

ある人がレンガ職人に「お前何してるん?」って聞いたら

1人目「レンガ積んでるねん、しんどいわ」

2人目「教会作ってるねん、仕事やしな」

3人目「歴史に残る大聖堂造ってるんやで、どやさ」

って言いました。って話。

 

「GRIT-やり抜く力-」にも出てきましたし、記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。

俗説は、「3人目が素晴らしいよね、そういう風に思えるように意識高めようね」って感じだと思います。

 

ところがどっこい、今回読んだ本「やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~」は、全然違うことを言っている。面白かったので紹介します。

f:id:kuma365day:20170102232827p:plain

 

例えばこんなこと。

 

ー目標の難易度によって、やる気を出す方法を変えよう。

いつも「なぜやるのか」を考えるのが正しいセルフコントロールとは限らないのだ。

 

まず僕はこれが目から鱗だった。僕は抽象的な思考(なぜ思考)が多く、そしてそれは良いことだと思っていたからだ。(3人目のドヤ系レンガ職人)

 

それがなんと、それらは「目標のタイプ」の問題でしかないと本書は断言する。心理学的な根拠を後ろ盾にして。

 

この調子で、「目標に対してポジティブに向かうことの功罪」や「モチベーションの種類」などを鮮やかに解明していきます。

 

とっても要して言ってしまえば、

積んでるレンガの質によって、職人の考え方は1人目が悪い3人目が良いとは言えないよね。課題のタイプ分けをして、それぞれに適切な作法を身につけて対応しましょう、作法はすべて教えます、という内容でした。

 

詳しいhow toや考え方は無駄なく書籍を通して書かれているのでブログでは書ききれません。

 

そして僕はなんと、大嫌いだった学校の宿題もちゃんとこなせる人間に成長したのでした!笑

つまり、「容易だが退屈」な課題をこなせるようになった。もちろん「難しいが魅力的」な課題への向き合い方も改善された。

んもう無敵w

 

なかなか深い話で良書なので、ぜひ読んでください!

 

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

 

 

それでは。

歴史に残る偉大な大聖堂を造らなくても良い。ー書評:やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

イソップ寓話のレンガ職人の話、ご存知でしょうか?

 

ある人がレンガ職人に「お前何してるん?」って聞いたら

1人目「レンガ積んでるねん、しんどいわ」

2人目「教会作ってるねん、仕事やしな」

3人目「歴史に残る大聖堂造ってるんやで、どやさ」

って言いました。って話。

 

「GRIT-やり抜く力-」にも出てきましたし、記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。

俗説は、「3人目が素晴らしいよね、そういう風に思えるように意識高めようね」って感じだと思います。

 

ところがどっこい、今回読んだ本「やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~」は、全然違うことを言っている。

f:id:kuma365day:20170102232827p:plain

 

例えばこんなこと。

 

ー目標の難易度によって、やる気を出す方法を変えよう。

いつも「なぜやるのか」を考えるのが正しいセルフコントロールとは限らないのだ。

 

まず僕はこれが目から鱗だった。僕は抽象的な思考(なぜ思考)が多く、そしてそれは良いことだと思っていたからだ。(3人目のドヤ系レンガ職人)

 

それがなんと、それらは「目標のタイプ」の問題でしかないと本書は断言する。しかも心理学的な根拠を後ろ盾に。

 

とっても要して言ってしまえば、

積んでるレンガの質によって、職人の考え方は1人目が悪い3人目が良いとは言えないよね。課題のタイプ分けをして、それぞれに適切な作法を身につけて対応しましょう、ということ。でした。

 

そして僕はなんと、大嫌いだった学校の宿題もちゃんとこなせる人間に成長したのでした!笑

つまり、「容易だが退屈」な課題をこなせるようになった。もちろん「難しいが魅力的」な課題への向き合い方も改善された。

んもう無敵w

 

なかなか深い話で良書なので、ぜひ読んでください!

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~ | Amazon  

 

それでは。

2016年の読書リスト

命の格差は止められるか ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業(小学館101新書)

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

小山薫堂 幸せの仕事術―つまらない日常を特別な記念日に変える発想法

のうだま やる気の秘密

不格好経営―チームDeNAの挑戦

リブセンス〈生きる意味〉

論語算盤と私

やり抜く力

自分の中に毒を持て(文) (青春文庫)

ぼくらの仮説が世界をつくる

繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ (PHP文庫)

生きかた上手

出口汪の「最強!」の記憶術

 

 

これからの「正義」の話をしよう、論語算盤と私、自分の中に毒を持て、が特に良書でした。

ぼくらの仮説が世界をつくるは、僕にとっての2016年の総復習みたいな感覚で読みました。

繁栄は読書中です。

書き出してみると思ったより読書量が少なかったので、2017年は年間50冊を目標にします。

イノベーティブな思考法をミニマムセットでまとめてみる

常々思っていることですが、思考法(ツールやフレームワーク)がストックされるほど、問いにフォーカスして考えられます。

この記事では、様々なビジネスデザイナーの思考法をふまえ、全く僭越ながら良いトコ取りすることを目指します。

 

1.適切な大きさの問題を考えよう

石川さんの記事で『考えが浮かばないのは、「問い」が悪いから』という話がありました。

cakes.mu

まさしくその通りで、この姿勢が第一歩です。

例えば、「世界を平和にするにはどうればいいか?」のように抽象度が高すぎる問いは無意味です。適切に問いを分割して考えましょう。

分割の方法はtry and errorで良いと思います。自分にとって、後述のブレストや軸探しがしやすいテーマになればOKです。

2.バイアスを壊せば即イノベーティブ

ここで、バイアスの話をします。大事です。

バイアスというのは、脳の学習の結果で、エレベータの↓ボタンを押せば下の階に行けるというのも1つのバイアスです。

イノベーティブな思考法の目的は、このバイアスを壊すこと、これだけが目的です。

newspicks.com

3.バイアスはどう表現できるのか

バイアスは、テーマを2軸で構造化すると見えやすい。

軸の導き方は、MECEに2つ。トップダウンボトムアップ

トップダウンで考える場合、テーマを構造化できる軸から考えはじめます。一方、ボトムアップの場合はブレストでアイデアを集め、共通軸を探します。

構造化が目的なので、手段に優劣はありません。

4.軸が決まれば、答えは目の中にある

この節で、軸とはなにかもイメージできるはず。好例として、濱口秀司さんのUSBコンセプトを表す図を引用します。

テーマは「データを受け渡す方法」です。目指す構造化は、テーマに対して下図のような軸を見つけた状態です。

f:id:kuma365day:20161231181955p:plain

(引用:USBメモリを生み出したダイナミックフレームワーキング|イノベーションの作法 ダイナミックフレームワーキング[DFW]|ダイヤモンド・オンライン 図2 USBメモリフレームワーク) 

「データサイズのbig/small」と「ユーザ体験のtangible/intangible」の軸で分けたところで、勝負がついています。

当時、bigデータをtangibleに受け渡しできる方法がありませんでした。これがバイアスです。

そして、構造化によってバイアスが可視化され、空域が見えました。ここを埋めたのがUSBのコンセプトです。

つまり、良い軸が見つかれば、答えは図の中にあるのです。

5.その軸が難しい、でも

いきなり先例のような具体的で有益な軸を見つける必要はありません。やってみると分かりますが、抽象度が高い軸であれば空域を見つけるのは容易です。

見つからなければ軸を変えれば良い。変える方法は、トップダウンでもボトムアップでもOKです。

大事なのは、見つけた空域をさらに深堀りすること。USBのフレームワークを用いて深堀りすると、次のテーマは「tangibleにbigなデータを受け渡す方法」です。

また、空域は"完全に空"である必要もありません。ブレスト時に数が少ない域であれば攻め込めるでしょう。

バイアスの定義⇒破壊するアイデア、それをテーマとして再構築しさらにバイアスを探す。。。

これを何層重ねられるかで、どんどんbrush-upされていくはずです。

newspicks.com

これで紹介を終わります。詳しくは各参考文献を見て頂けるとより分かり良いと思います。

 

6.最近イケてると思った軸

イケてると思った軸を紹介します。(紹介したいだけw)

 

f:id:kuma365day:20161231190805p:plain

引用元は

logmi.jp

こちらですので、詳しくは記事を読んでみてください。

軸はインプットとして蓄えることもできるので、知っておくと便利です。

 

7.最後に

いろんな思考法があって、目から鱗だと思えても、自分が使えなければ辛い。

そろそろ自分の中でまとまりそうだと思ったので書いてみました。3節が完全オリジナルで、この発見によって色々なイノベーティブ思考法が繋がって腑に落ちました。

 

終わり

 

 

初稿

ブログをはじめます。10年ぶりでしょうか笑

タイムラインに流すには勿体ない書き物を、ブログにしようと思います